本文へ移動

ホワイトニング

ホワイトニングで魅力的な白い歯に

誰もが気にしている「歯の色」

Q. お口のことで満足していないことは?

歯の色を気にしているのはあなただけではありません。
60%を超える方が歯の色に付いて満足していません。
ほとんどの場合はホワイトニングによって改善することができます。
(2004年 国民意識調査より)

歯に色がつく理由

コーヒー、お茶、タバコ等による変色

色素が歯の内部まで取り込まれることにより、
歯が黄色く見えてしまいます。

加齢による変色

年齢を重ねるにしたがって、
人の歯は自然と黄色く変色していきます。

全身疾患に由来する変色

胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により
歯が変色してしまうことがあります。
 
 
これらの原因により歯が変色してしまった場合には
「ホワイトニング」で改善することができます。
 
※ 変色の程度によってはホワイトニングの効果が期待できない場合があります。歯科医師にご相談ください。

ホワイトニングで歯を白くする

歯のホワイトニングは、歯の表面に専用のジェルを塗り、化学的に白くする簡単な方法です。
歯科医院でその日のうちにホワイトニング効果を得る「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布して決められた時間、継続的に装着することによってホワイトニング効果を得る「ホームホワイトニング」の2種類があります。

歯が白くなる理由

ホワイトニングジェルに含まれる過酸化水素・過酸化尿素には、歯を痛めることなく色素を分解する力があり、この力によって歯を白くすることができます。

1 歯が変色した状態

歯の内部の色素が多く、歯が黄色く見えている状態。

2 ホワイトニングによる色素分解

ホワイトニングジェルを塗布すると、
徐々に内部までしみ込んでいき、色素を分解。

3 ホワイトニング後の白くなった歯

徐々に色素も減り、透明感のある白い歯になった状態。

ホワイトニングのステップ

歯科医院でその日のうちに

オフィスホワイトニング

STEP1   ホワイトニングについての説明
             歯の表面をクリーニング
 
             オフィスホワイトニングについての説明と現在の歯の色の確認を行います。
             そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。
 
STEP2   歯肉保護
             ホワイトニングジェルが歯肉に触れないように歯肉を保護します。
 
STEP3   ホワイトニングジェルの塗布 ホワイトニングジェルを塗布します。
 
STEP4   光を照射 歯面に塗ったホワイトニングジェルに光を照射します。
             効果の確認 ホワイトニングの効果を確認します。  ご自宅で継続的に

ホームホワイトニング

STEP1   ホワイトニングについての説明
             歯の表面をクリーニング
 
             ホームホワイトニングについての説明と現在の歯の色の確認を行います。そして、
             ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。。
 
STEP2   マウストレーの作製
             歯の型をとって、ホワイトニングジェルを塗布するときに使用するマウストレーを作製します
             完成したマウストレーとホワイトニングジェルをお持ち帰りいただきます。
 
STEP3   ホワイトニングジェルの注入
             マウストレーへホワイトニングジェルを注入します。
             1歯あたり米粒 2つ分を目安にします
 
STEP4   マウストレーの装着
             ホワイトニングジェルが注入されたトレーを装着します。
             ホワイトニングジェルが歯面全体に行き渡っていることを確認します。
             装着時間は歯科医師の指示に従ってください。
 
STEP5 経過の確認
             ホワイトニング効果の経過確認を行いますので、歯科医師に指示された日に来院してください。
 

ホワイトニングの費用

オフィスホワイトニング

一回12本まで 25,000円(+1本 2,000円) 施術時間 2時間

ホームホワイトニング

  • 上顎のみ 30,000円
  • 下顎のみ 30,000円
  • 上下顎  50,000円
けぶさ歯科医院
〒369-0108
埼玉県熊谷市船木台2-7-1
TEL.0493-36-1182
FAX.0493-39-2066
.歯科
.矯正歯科・小児歯科
.口腔外科
TOPへ戻る